2019年6月23日に開かれた「NPOあさひ」総会とその後に行なわれました理事会で推薦を受け、理事長を引き受けることになりました矢板です。
急遽、理事長に推されたことに戸惑いもありますが、これまでの「あさひ」との関わりから導かれたものと思い、引き受けることと致しました。
微力ではありますが、NPOあさひの発展に務めていきますので、NPOあさひに関わる全ての皆さんのご指導・ご鞭撻・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

私は東京から北杜市高根町へ妻と一緒に移住してから17年になります。
「NPOあさひ」との関わりは、あさひ福祉作業所の島充弘氏がご存命の時に、引売りで妻と一緒に甲府市や南アルプス市などに「安心・安全な卵・パン・野菜」などを配達と販売のお手伝いをしたことから始まりました。
また、島さんからの声かけで「お米作り」をいちから教わったことが縁となり、田植えや草取り、稲刈りなどで利用者と行動を共にしながら、お互いを知り合うことに繋がりました。

あさひの理念 《常にwithの精神で、地域社会の中で真の自立を目指す》
創業時からの思いがここに込められています。

真の自立とは…
・いわゆる福祉施設の枠組みにとらわれることなく、地域に根ざした生活、様々な人々との関わりのなかで障害者自身が存在価値を得、経済的な自立を目指す。
・仲間のために・誰かのために、自らできる事は行い、自身の役割に誇りを持つ。
・障害をもっていたとしても、支援を受けるだけではなく社会の一員となり得る。

あさひの利用者は、まさにこの力を備え、日々の生活を送っていると感じています。
この理念があり、そして多くの皆さまとの繋がりがあって、《あさひ》があります。

生きづらい現代の社会にありまして、この志を次の世代に引き継ぎ、《あさひ》を存続させていくことが私の任務と考えています。
理事会一同、心をひとつにして頑張っていく所存ですので、今後とも皆さまのご協力よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

🍀地域社会の中で、仕事や活動を通して自身の存在に誇りを持ち「働く喜び」「生きる喜び」を実感する日々を目指します

🍀八ヶ岳の自然豊かな環境に感謝し、自然を守ることを大切にしていきます

 

 

 

グループホームあさひテレホーム
《共同生活援助事業》 お互いの個性を認め合いながら、一人ひとりが自分のペースで自立した生活を大切にして「共に暮らす家」を目指しています。
多機能型事務所ぶーこっこ
《就労継続支援B型事業》《生活介護事業》 誰もが人として本当に大切にされ、「生きがい」「働く喜び」を感じながら、地域社会の中で共に笑顔で過ごす場を目指しています。
パン工房 ぶーこっこ
あさひの平飼い卵とこだわりの素材を使って、丁寧に作り上げた焼き菓子や天然酵母パン。自然を思うこだわりの商品。「NPOあさひ多機能型事業所の生産販売所」です。
9:00~17:30(土曜日は ~12:00)
定休:土曜午後~日曜日

お問合せフォーム

運営をご支援いただける賛助会員を募集しております。
ご支援をよろしくお願いします。

賛助会員年会費  5,000円

賛助会費
★郵便局振込★ 00220-1-98254
寄付金等
加入者名 特定非営利活動法人 あさひ
通信欄にお名前・ご住所・お電話番号等連絡先を明記の上、お振り込みください。
PAGE TOP