1977年(昭和52年)、私的運営施設として、島充弘が「あさひ福祉作業所」として立ち上げました。
八ヶ岳南麓北杜市(旧北巨摩郡)に父親からの桑畑約4千㎡を開墾して、弟・幸雄の助けも借りながら、知的障害のある青年2名と共にスタートしました。

障がい者が真に社会的にも、経済的にも、精神的にも自立できるように、ハンデイに負けることなく雑草のごとく、たくましく成長することを期待して、あえて無認可体制を堅持して運営を行ってきました。
開所当時は、障がいのある青年の働く場は少なく、島は自身の描く作業所の運営に邁進しました。

島の心は常にwithの精神で、苦しみも楽しみも彼らと共にありました。

 

豚20頭、原木しいたけ20,000本を用意することからスタートしました。
養豚は、「富士聖ヨハネ学園養豚班」、「ぐるうぷはこびや」さんとの縁があり販路が確立。
あさひで生まれた子豚を、聖ヨハネ養豚班で肉豚として肥育し、ぐるうぷはこびやさんのミート工場で精肉加工して、東京の消費者の皆さんに販売するという体制が整いました。
当時、母豚25頭を飼育し、豚のお産の時には寝ずに世話をし、2~3時間おきに子豚の授乳をさせるなど、365日・24時間作業に明け暮れていた時代です。
そこには常に、共に汗を流し働く青年たちの自信に満ちた笑顔がありました。

1991年(平成3年)、あさひ福祉作業所創立15周年を機に画期的なことがおこりました。
雇用促進協会萩原主治の熱心なご指導をいただき、労働省の障がい者多数雇用制度の寄宿舎建設助成制度の対象になり、新宿舎建設が始まりました。
新宿舎建設予定地にあったゲストハウスや鶏舎の解体、プレハブ宿舎の移動など、専門業者を頼まず、あさひメンバー一丸となって自力でやり遂げました。

 平成5年9月15日棟上げ式

1993年(平成5年)12月待望の寄宿舎ができました。
プレハブ宿舎を卒業し…あさひメンバー全員の大きな夢が形となりました。

1998年(平成10年)頃から経営状態は下降線になり(日本全体が工場の海外移転に拍車がかかります)、工場部門は閉鎖になりました。
その後は、養豚・養鶏・農業と、焼き菓子や天然酵母パンなどの製造作業に取り組みました。
あさひ福祉作業所は、開所当時より福祉としての甘えでは長続きしない、安心安全なものを提供することを心がけてきました。養豚は生協の福祉版でもあるぐるうぷはこび屋に卸し、鶏卵もぐるうぷはこび屋と自然食品店に卸していました。
田んぼと畑は有機無農薬栽培に徹し、米は自家消費、もち米は切り餅を作り販売します。大豆は味噌に加工します。

2009年(平成21年)春にその島が病で亡くなりました。
主を失った彼らは、「それでもあさひで生きていきたい」との決意を私たちに伝えました。
2010年(平成22年)11月その決意は、多くの方に支えられ特定非営利活動法人あさひを立ち上げるに至りました。

2011年(平成23年)2月、生活部門はNPOあさひ「あさひテレサホーム」になりました。
一方、利用者さんの仕事の場である「あさひ福祉作業所」は、今までどおり無認可の事業所として存続を続けます。

2015年(平成27年)11月30日、公益財団法人 社会貢献支援財団様よりあさひ福祉作業所が表彰されました。
帝国ホテル東京で行われた表彰式典には、利用者さん・スタッフ・ご家族・支援いただいた多くの皆さんと参加しました。

 

2017年(平成29年)NPOあさひの理事長として6年間島武代がやってきましたが、新たな展開に向かって、昆理事長に交代しました。
昆理事長はあさひに30年以上ボランテイアとして関わってくださり、いろいろと構想を練っておられたのでしょう、就任一年で福祉作業所を含めNPOあさひにし、持続可能な多機能型事業所にしました。

2018年(平成30年)5月「多機能型事業所ぶーこっこ」を開設しました。
《NPOあさひ》の下、共同生活援助「あさひテレサホーム」に加えて、多機能型事業所「ぶーこっこ」に生活介護事業と就労継続支援B型事業がスタートしました。

グループホームあさひテレホーム
お互いの個性を認め合いながら、一人ひとりが自分のペースで、自立した生活を大切にして「暮らす家」を目指しています。
多機能型事務所ぶーこっこ
誰もが人として本当に大切にされ、「生きがい」「働く喜び」を感じながら、地域社会の中で共に笑顔で過ごす場を目指しています。
パン工房 ぶーこっこ
あさひの平飼い卵とこだわりの素材を使って、丁寧に作り上げた焼き菓子や天然酵母パン。自然を思うこだわりの商品。「NPOあさひ多機能型事業所の生産販売所」です。
9:00~17:30(土曜日は ~12:00)
定休:土曜午後~日曜日

お問合せフォーム

運営をご支援いただける賛助会員を募集しております。
ご支援をよろしくお願いします。

賛助会員年会費  5,000円

賛助会費
★郵便局振込★ 00220-1-98254
寄付金等
加入者名 特定非営利活動法人 あさひ
通信欄にお名前・ご住所・お電話番号等連絡先を明記の上、お振り込みください。
PAGE TOP